シグマの特長

  1. HOME
  2. シグマの特長
  3. Q&A編

Q & A 〜生徒と先生の会話形式〜

1対1または1対2の完全個別指導!

生徒 「『個別指導』って言うけど、シグマでは何名授業ですか?」
シグマ先生 「シグマのポリシーの一つに『個別指導において1人の講師が充分に指導できる生徒数は2人が限界』というものがあります。3名になると、説明してもらう時間よりも自習している時間の方が長くなってしまいます。こうなると集中力や学習効果がかなり落ちてしまうんだよね。2人と3人では、たった1人の違いなんだけど、大きな違いが出ることが長年の経験でわかっています。だからシグマは必ず2名以内の授業にしています。シグマでは1人の講師が教える生徒が3名以上になることは絶対にないから安心してくださいね。」

授業は、最大効果の90分!

生徒 「シグマでは授業時間は何分ですか?」
シグマ先生 「シグマではたっぷり90分で授業を行います。経験豊富な教務スタッフや長年実績を上げているベテラン講師たちによって『1回の授業において最も効果的な時間は90分』ということが実践を通してしっかりと証明されているんだよ。特に高校生や小・中の受験生は、1つの問題を解くのに時間がかかるため、週1回の授業で70分や80分では時間が短すぎて、身に付かないということが分かってもらえると思います。
生徒 「でも、僕はまだ中1で、学校の授業は50分だし、いきなり90分授業は不安だなぁ。」
シグマ先生 「なるほど。でも、シグマではもちろんそんなキミにもピッタリ合ったコースも用意しています。それは、小学生、そして中1生・中2生限定の70分Aコース(1:2)、60分Bコース(1:1)の2コースです。どうしても不安であれば、最初はこのコースから始めてみてはいかがかな?もちろん途中でコースを変更することが出来ます。実際、多くの方がしばらくすると『もう慣れてきたから・・・』と言って90分に変更しています。シグマに来たらしっかりとした目的をもって勉強しようという意気込みが生れてくるから、自然と90分コースに移行していけるんだよ。」

曜日や時間の選択可!

生徒 「僕は部活で忙しいんですけど、練習が終わってからでも授業に間に合いますか?」
シグマ先生 「学生時代は勉強以外のことにもしっかり取り組むことも大切だよね。シグマはそんなキミのこともしっかりサポートします。入塾前の個別カウンセリングの時点で、来られない曜日、時間帯を教えて下さい。それを参考にして、通塾できる曜日・時間で、キミにピッタリ合った先生を選びます。」
生徒 「よかった。安心しました。あと、祝日に授業ってあるんですか?」
シグマ先生 「シグマではどの曜日も必ず月に4回授業を行います。例えば、英語と数学を週に1回ずつ受講していたとしたら、英語・数学がそれぞれ月4回、合計月に8回授業があるということになります。シグマの授業は入塾時にお渡しする『年間スケジュール』に沿って行われます。それを見てもらえればわかりますが、各月でお休みの日が決まっています。日曜日は原則お休みですが、祝日は授業がある場合もあります。つまり、どの曜日になっても1教科につき必ず4回授業がありますから、学習のペースが維持できて安心。また、どうしても用事がある場合は早めに相談してもらえればその日だけ授業日の変更もできますよ。
クラブを引退したら、早目の時間に変更して授業の後もそのまま自習室で勉強すれば、その日の復習もバッチリできるね。」

シグマオリジナルの充実した特別講座

生徒 「テスト前だけの特別講座みたいなものはないんですか?」
シグマ先生 「もちろんありますよ。一つ例をあげると、中学生対象の『理科・社会過去問演習ゼミ』というのがあって、試験前に学校別、学年別のクラスで理科、社会各100分の授業を行います。試験範囲にピッタリ合った過去問や、よく出題される重要問題などを使って高い効果をあげている大人気の講座だよ。理科社会2教科で1,500円とかなりリーズナブルだしね。」
生徒 「へぇ、さすがシグマだね。他にはそんな講座はないんですか?」
シグマ先生 「よく聞いてくれた!(笑)。基本的には本科で2教科以上受講していれば後は全てサービス授業のようなものなんだね。それではいくつか紹介してみましょう。まず、『個別フォローアップ講座』というのがあります。これは主に土曜日に演習形式で行われる特別なコースで、一人ひとりが自分に合った内容を演習するコースです。例えば、本科で英語と数学を1回ずつ受講している人がこのフォローアップ講座で90分間に英数の演習問題をみっちりやれば、英語も数学も週2回ずつ勉強することになり、実力がつきやすいというわけです。だから、平常の授業だけでは問題演習量や繰り返しの練習が足りないという生徒さんにピッタリの講座と言えますね。例えば、『本科の授業』では先生の解説をよく聞いて基本問題をマスターし、『個別フォローアップ講座』では実践問題や過去のテスト問題にチャレンジ・・・なんてなかなか上手な利用法ですね。他には、どうしても計算問題が弱く、授業中の演習量だけでは不安…という生徒さんや、英単語や基本の文法など暗記の苦手な生徒さんもこの講座を受講しています。とにかく、自分の弱点をその週の最後にきっちり解決できるから、勉強のリズムがとても良くなりますね。宿題をつい後まわしにしてしまう人も、この講座で先生に質問しながら復習をしておけば、余裕で終わらせることができますよ。
そして中学生に人気なのが『個別5教科総合コース』。これもまた、5教科にしてはお手頃な月謝で週3回の授業で5教科を学ぶことができますから、保護者の方にも生徒さんにも心強い講座と言えるでしょう。
他には、英語長文講座や国語作文講座、更に小学部では中受パック講座、高校部ではセンター対策講座や小論文対策講座なども行っています。これは教室によって多少異なるので、各教室に問い合わせしてみてくださいね。」

信頼関係を重視、学習効果の高い教科別完全担任制(毎回先生は同じです)

生徒 「先生は毎回同じですか?」
シグマ先生 「個別指導のメリットは何と言っても質問がしやすいこと、自分の性格や学力を先生が知ってくれているということだよね。だからシグマでは1つの教科を毎回同じ先生が担当しています。そうすることで「何としてもこの子の成績を上げよう!」という気持ちが講師に自然と芽生えてくるからです。その結果、講師と生徒の間にも良い信頼関係が生まれてくるものなんだよ。さらにシグマでは「教科別担任制」をとっているため、教科によって担当の先生が異なります。つまり、2教科受講すれば2人の先生が担当します。先生も2つの教科を担当するより、1つの教科を任される方が集中して授業準備ができますよね。その上、教科ごとに「教科別講師ミーティング」も行って、同じ教科担当の講師たちが協力してテキストを作ったり、過去問分析をしたりして、講師同士で担当生徒の成績アップ率を競い合ったりもしているんだよ。

「勉強の仕方」から指導する徹底された個人教授

生徒 「シグマのイイところは何となく分かってきたけれど、やっぱり個別指導って質問に答えてもらうだけっていうイメージが強いんだけど・・・?」
シグマ先生 「個別指導では講師が横について自分のためだけに授業をしてくれるので、わからないところはその場ですぐ質問することができて、後に残さない、これが最大のメリットですね。その上、シグマでは、プロが作成した個別カリキュラムに沿って、何時間も研修を受けた教科専任の講師が指導しています。つまり、ただ生徒の質問に答えるだけの家庭教師のような受け身型の授業ではなくて、講師の方から積極的に、「重要ポイント」や「試験に出やすいポイント」を生徒に講義し、「勉強の仕方」まで教えてくれるんだよ。さらにシグマの教務スタッフが、「各学校の過去の試験問題」や「入試問題」を分析して、各学校でどんな問題が出題されているかを講師たちに教えています。講師には、経験豊富な教務スタッフによる模擬授業などを含めた研修制度をしっかりと設け、さらに授業中もどんな教え方をしているか教室長が巡回し、チェックし指導しています。中には「何がわからないかがわからない」人もいるでしょう?それは恥ずかしいことではありません。シグマの先生は、そこのところをゆっくりていねいに見つけてくれて、楽しく解決してくれます。言ってみれば、一斉授業もできるくらいの先生がキミだけのために授業をしてくれるということかな。もちろん質問も随時OKですよ。」

キミにピッタリの講師を選出、講師指名制度。無料体験授業も受けられます。

生徒 「個別指導ではやっぱりどんな先生に教えてもらえるのか、これが僕たちにとっては重要なことなんですが、シグマではどんなふうになっているんですか?」
シグマ先生 「その気持ちはよくわかります。シグマの場合、入塾前にカウンセリング(面談)を行います。また希望者は『無料体験授業』を受講できます。そこで各々の生徒の学力、目標、性格などを聞いて一人ひとりにピッタリ合った先生を選定します。優しく丁寧に教えてくれる先生がイイとか、ぐいぐいひっぱってくれる先生がイイとか、男性講師、女性講師など希望する先生像を面談時に教えてもらっています。また、授業を受けてみて、やっぱり相性が合わないと思ったらその時は変更できるので遠慮なく言ってくださいね。(ただし、甘え等の理由、例えば宿題が多いから変えて欲しい、というのはダメですよ。)もちろん、気に入った講師が空いていたら指名もできます。このようにして自分に合う講師が決まったら、なるべく担当を変えないようにしています。なぜって、せっかく講師に慣れて質問しやすくなったし、やる気も出てきたというような時に講師が変わってしまうのはもったいないですからね。個別指導では教え方が分かりやすいというのはもちろんだけど、「先生のことが好きで、先生を信頼している」という生徒の気持ちが一番大切です。中には「お気に入りの先生から褒めて欲しいから頑張る」という話も耳にしたりもしますから、本当は良くないことなのかもしれないけど、こういうちょっとした生徒の気持ちも見過ごさないようにしています。

人気の特別コース個別5教科総合コース、長時間勉強の苦手な人の60分・70分コース

生徒 「私はやっぱり5教科全部勉強したいと思うんだけど、5教科全て習うには時間も費用もすごくかかりますよね・・・。」
シグマ先生 「いいえ、シグマでは週3回で5教科全てを個別指導で受講できますよ。通常のA・B・Cコースの英数(週2回)に加えて、理社国を週1日の1対2形式で行っていきます。理社国は1回110分で、月4回の授業となり、{理科100分+社会テスト10分=110分}と{国語100分+社会テスト10分=110分}を隔週で行います。社会は、覚えるべき重要単語を毎週10分間でチェックするテストゼミ形式をとっています。理科や国語を苦手とする生徒が多い中、受験直前だけの勉強ではもちろん間に合いません。それを解消するべくできたのがこの『個別5教科総合コース』です。理解するのに時間がかかる英語と数学はきちんと月に4回ずつ受講し、短時間で効果を上げやすい国語と理科は月に2回ずつ受講。社会は毎週1回(月4回)宿題と確認テストという形で進めていきます。5教科バランスよく勉強をしたいというキミにお勧めの講座です。
また、長時間の集中力が持たない人のための60分、70分の「導入コース」(小〜中2)などもありますから、勉強に慣れていない人は、まずはシグマで「勉強する習慣」を身に付けるところから始めてみてはどうでしょうか。」

自信を育てる授業〜さまざまなドラマが生まれています〜

生徒 「成績ももちろん上げて欲しいけど、勉強の仕方も教えて欲しいなあ。わかっていてもテストになると点数が取れなくて。自信もないんです・・・。」
シグマ先生 自信というのは、成績が上がって実力がついてくれば自然とついてくるものだよ。だけど、その「成績を上げる」、「実力をつける」ということがなかなか難しいですよね。
そもそも「わかる」と「できる」とは大きく違うのはわかるかな?塾や学校の授業を聞いて、仮にそこでキミが「わかった」としましょう。けれど、いざテストになると「できない」。つまり、頭ではわかっていても、自分一人ではできないということですね。その原因のひとつは、演習量(問題を解く数)が足りず、「問題の解き方」 が定着していないところにあります。
もうひとつは勉強の仕方です。例えば「正しい復習のしかた」についてお話ししましょう。皆さんは、家に帰ってノートを読み返したりするでしょう。それは、大切なことだけど、それだけじゃ足りないです。では、どうすれば良いか。それは・・・「ノートを伏せて自力で解けるようになる」ことが大切です。自力で正解を書けるまで繰り返し練習してはじめて「復習した」と言えるのです。そして、それが「できる」につながっていくという訳だね。このように、復習の仕方ひとつでも、ずいぶん勉強の成果が変わってきます。
その他、「家ではできるのにテスト本番でミスをしてしまう人」、「勉強しているのにテストの点数が上がらない人」・・・その原因の多くは、勉強方法にあるのです。シグマはそんな「勉強の仕方」を大切にしているので、授業中や定期的に開催される「勉強の仕方ゼミ」などで、そういった勉強の工夫なども教えています。
このように勉強の仕方をちょっと工夫するだけで、まず、勉強が面白くなり、次にやる気が出てきて、その結果、入試でも数々のドラマやサプライズ合格を生み出しています。
例えば高校部なら、ある高校では創立以来はじめての国立大合格者が出て、それがシグマ生であったため、その高校の先生がわざわざシグマにお越しになり、お礼の言葉をいただいたこともあります。中学部では、通知票が3〜4だった生徒が1年後トップ校に合格したり、小学部でも、4ヶ月間で偏差値が18上がったり。詳しくは合格体験記をご覧ください。
私たちは、皆さんの努力が報われるように、適切なアドバイスをこれからもしていきたいと思っています。

キミの希望や悩みをお聞きする入塾面談。随時受付中(入塾テストなし)

生徒 「シグマには入塾テストってあるんですか?僕は他の塾で1回入塾テストに落ちていてそういうのって苦手なんですけど・・・」
シグマ先生 「シグマでは『入塾テスト』は行っていません。1回のテストでは実力は測れないからです。せっかくの「塾に入って成績を上げよう!」というやる気を大切にしたいからです。その代わりに、入塾前には「カウンセリング(面談)」というのを行わせていただいています。そこでは、個別に皆さんの希望や目標を聞いて一人ひとりに応じた適切なアドバイスをしています。恥ずかしがらないでとにかく一度予約してみよう。授業の進め方、シグマの方針など色々な説明をするので、それを聞いて自分に合っていると思った場合に入塾してくれればと思っています。その時に勉強の仕方などもアドバイスできるので、もしイヤじゃなかったら学校のテストの答案や素点表などを持ってきてもらえればより適切にアドバイスなどの話ができると思いますよ。」

プロが作成した内容の濃い個別カリキュラム

生徒 「『個別カリキュラム』って何ですか?」
シグマ先生 まずはシグマの『プロ』から紹介しようかな。シグマの教務スタッフとして有名私塾の元塾長や教務責任者、大手予備校の教務スタッフ、中学受験中心の元有名塾講師、元小・中・高教諭、現役医師などバラエティに富んだ人材が集まっています。その教務スタッフが講師陣と意見を出し合い、生徒一人ひとりの目標、現在の学力・試験までの期間に合った教材を多くの中から選定し、そこではじめて個別カリキュラムができあがってくるのですね。今キミが何をどうすれば目標を達成できるのかを明確に提示することで、キミにやる気と自覚を持ってもらうのが狙いなんだね。
ここで個別指導のメリットを1つ挙げるとすると「無駄がない」ということです。ここで言う「無駄」には2種類あって、まず1つ目は、一斉授業でありがちな「自分がすでにわかっているところもを聞いている時間」の無駄、もう1つは「聞いてもわからない、あるいは自分の受験する志望校の入試には出題されないレベルや範囲の問題をやらされる時間」の無駄でしょう。その点、個別指導では、すでにわかっているところや不要な内容はとばし、わからないところ、自分にとって重要なところだけに絞ってじっくり自分のペースで教わることができます。
ですが、いくら授業に無駄が無いと言っても、「生徒の現状のレベルに合ったテキスト」が選べられなかったり、「入試や定期テストまでの学習計画」がしっかり立てられないと、成果は出ないものですよね。シグマでは、「プロが選んだテキスト、プロが作成した個別カリキュラム」を使って授業を行っていきます。途中で目標通りに進めなかった場合などは常にチェックし、講師ミーティングなどで対策を話し合って修正し、軌道に乗ればまた元に戻すなどを繰り返し行っていくというわけです。
また、シグマは小中高一貫指導の塾なので、多くの場合、最終目標の大学合格というゴールに向けてカリキュラムを組んでいます。こういったカリキュラムを作れるのも、予備校との連携をはじめ、高校部もしっかり研究を重ね、充実しているからなのです。このような小中高一貫の個別カリキュラムによって、大学受験までの長期的な無駄」も省けるということになります。
また、授業中も副担任の教室長や教務担当者が巡回し、授業チェックをすることで、授業の緊張感もわき、明るく楽しい、かつ、やるときはやるというメリハリのある教室作りをしているので安心ですね。」

大切にしているもの、それは保護者の方・生徒さんとのコミュニケーション

生徒 「シグマには、家庭と塾とのいろいろな交流があるって聞いたんですけど、具体的にはどんなことがあるんですか?」
シグマ先生 そうですね。原則として1学期に最低1回は、生徒懇談、保護者懇談を行って、現状の学力状況や希望の確認、進路指導や今後の方針などについて定期的にお話し合いをさせていただいています。もちろん、それ以外のご相談も随時受け付けています。
また、年間を通してさまざまな教育イベントがありますよ。
まずは保護者の方の為に『入試の基礎知識説明会』を毎年開催しています。入試制度について基礎から説明するシグマの恒例行事となっているので、毎年多くの保護者の方々から好評をいただいています。
そして秋頃には、個別指導塾では最大規模の『学校別個別進学相談会』も行っています。毎年100校前後の公立高校、私立小・中・高 大学の入試担当の先生をホテルの会場にお招きして、4人掛けの学校別の個別ブースにお座りいただき、そこで生徒や保護者が学校の様子や進学実績、合格の可能性などを直接・個別に話してもらえます。自分の実際の成績を見せて、合格のための勉強方法などもアドバイスしてもらえるので、皆さんに喜んでいただいています。また、制服や学校案内DVDなども見られるので楽しいですよ。昨年は1,000人以上の生徒、保護者の方に来ていただくほど好評だったので、ぜひこれにはご参加いただきたいですね。
この他には、生徒対象『勉強の仕方ゼミ』を開催し、「勉強の仕方」の冊子『学習の法則』を無料で配布しています。わかっているのに点数が取れない、勉強時間に成績が比例しない…など多くの悩みがあると思いますが、そんな悩みも含めて勉強の仕方ゼミでは、基礎から応用まで幅広く対処しながら、さまざまな勉強方法を伝授しています。
また、テストが終わる毎に希望者には『元気の出る懇談』をしています。懇談と聞くと、イヤな感じを持つ人もいると思いますが、『元気の出る懇談』では、「今回のテストで点を落としたのはなぜか」、「それを防ぐためには次回はどうしたらよいのか」、また逆に、「今回は前回に比べてこんなに出来るようになったね」、など前向きに話し合い、次回のテストに向けて「やる気が持てるような懇談」を行っているのですよ。「頑張らないとダメじゃないか」と怒ったりする懇談ではなくて、「次回に期待できるようにするにはどうしたらいいかなあ」というふうに、生徒と先生が一緒に考える懇談だから「元気が出てくる」という訳です。
また、毎回の授業では『授業内容報告書』を記入し、その日にどんな内容の授業を行ったか、またそれについてどれくらい理解し、来月には何をしなければならないのか、というような報告もしています。「家庭からのメッセージ票」も同封し、ご家庭での悩みや状況なども随時受け付けているので、希望や何か感じたことがあればすぐ塾に伝えることができます。

個別指導専門塾で25年以上!地元の豊富な受験情報と私学との太いパイプ

生徒 「私はまだ中学2年生だけど、小さい頃から家の近くにシグマがいっぱいあります。だから、なんとなく安心かなと思ってシグマに入ったんだけど、入試のときとかには進路指導はしてもらえるのですか?」
シグマ先生 「もちろんだよ。地元密着で25年以上、しかも個別指導専門でやってきたので、これまで延べ3万人、3万通りの指導をしてきています。その経験が進路指導にも活かせます。また、長い間、地元の私立の学校とも協力しあっているので、入試前には事前に私立中学、高校と合格の要件(必要条件)について話し合うことも可能なんだよ。だからシグマの進路指導では、「あと○○点取ったら○○高校にいける」といった一歩踏み込んだアドバイスができると思います。
また、地元の学校の定期テスト、実力テストの過去問も豊富にあり、分野別に整理され試験傾向もしっかりと把握しているので、定期試験対策もバッチリだよ。
個別指導塾が日本にほとんどなかった25年以上前から、シグマは1対1または1対2の個別指導にこだわり試行錯誤を続けてきたんだけど、さらに努力してキミの期待に応えたいと思っています。

いつでも無料で使える自習席

生徒 「テスト前とか塾に来て勉強することは可能ですか?」
シグマ先生 「エライ!!シグマではそういったやる気のある生徒をどんどん応援していくためにも自習室、自習席は毎日開放しています。もちろん無料だよ。自宅では勉強に集中できない人、学校帰りに寄って学校の宿題を済ませてしまいたい人など自分のペースに合わせて使うことができるから、いつでも来てくださいね。試験前や、春・夏・冬休みの小・中・高生には特に大好評。もし分からない問題があれば、空いている先生に質問もできるからイイよね。また、自習といっても何をしたらいいのかわからない人には、「自習計画表」を一緒に作成してあげるから、計画的・効果的に勉強できるよ。自分1人で家で勉強するのってかなり強い意志がいるでしょう?テレビとかメールとか…ね。(笑)だからどんどん自習に来てくれると嬉しいなぁ」